礼服について紹介しております。

2008年06月21日

礼服・紳士服の選び方

礼服の着こなしのルール

ここでは、礼服の着こなしに関しての一般的なルールを紹介します。
礼服の種類に応じて、その礼服にも着こなし方があるのです。
具体的にはパーティや式の格式、時間帯によって、ふさわしい礼服や着こなし方が変わってきます。
格式の高いものから正礼装、準礼装、略礼装と区別されます。
ここでは礼装ごとの特徴と着こなし方を紹介します。

正礼服

式典や格調高い結婚式など、一番格調高いシーンで主役やそれに準ずる人が着用する礼服を正礼装という。

昼の正礼装

昼の正礼装昼の正礼装の代表格といえばモーニングコート。
着こなしとしては、黒の共生地の上衣とベスト、ズボンは縞のコールズボン、1つボタンのピークドラペルが基本である。
コールズボンの裾は必ずシングルで、上衣の特徴として前が腰から裾にかけて長く曲線的にカットされている。

夜の正礼装

夜の正礼装夜の正礼装といえば、燕尾服。
テールコートとも呼ばれる第一級の正礼装である。
上衣の衿はピークドラペルの拝絹地付き。前のウエスト部分をほぼ水平に裁ち、後部は細腹(さいばら)と呼ばれる縫い目が入る。
そして特徴的な、短冊状のテール(尾)が付いている。
スラックスは股上が深く、みぞおち位まであるのが特徴的でサスペンダーを用いることも多い。
裾口はモーニングカット。

準礼服

一般的な結婚式や披露宴などの主要な立場・列席者など、正礼装に準じた礼装。

昼の準礼装

昼の準礼装ディレクターズスーツも着用することが多く、ブラックスーツよりやや格調があり、通常の冠婚葬祭にも着用される。
ジャケットは、シングル1ッボタンピークドラペルが基本。
色に関しては、黒、グレー、濃紺のいずれかで、脇ポケットは両玉縁。
ベストは、明るめのシルバーグレー、コールズボンも明るめのストライプが入ったグレーが一般的である。

夜の準礼装

夜の準礼装夜の準礼装では、タキシードを着こなしてみたい。
タキシードは夜の正礼服として着用するが、ファンシータキシードは、色・柄・素材にちょっとした遊びの要素が加わっている。
個性的でファッショナブルなスーツでありながら、夜の礼装としても着こなせるものである。

略礼服

略礼服形式にこだわらない結婚式や披露宴などでの礼装をいい、昼夜問わず、男性の場合ダークスーツが一般的である。
略礼装の場合、ほとんどこれといった制約はなく、光沢を帯びた黒や濃紺のスーツが代表的なスタイル。
女性の場合は、インフォーマルドレスのように自由なカラーコーディネートや様々なアクセサリーでフォーマル感覚を演出するのが主流。

posted by fa20158 at 02:49| Comment(0) | 礼服・紳士服の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。