礼服について紹介しております。

2998年06月20日

礼服の選び方なび

あなたは「礼服」をその場面において正しく選ぶことが出来ますか?

礼服の選び方や身につけ方にはルールがあります。
そして、これらにまつわるマナーもしっかりと覚えておきたいもの。
例えば結婚式。
新婚夫婦のご両親の礼服は正礼装、友人や会社関係の方は準礼装でもOK。
このように時と場合に応じて種類やマナーを使い分けなければなりません。
ただ、「漠然と礼服を着ていけばいいか」、「周りから見て、浮いた服装でなければいい」といった風潮があるのも事実です。

礼服には、モーニング、燕尾服、タキシードといったさまざまな種類があります。
それらは、昼か夜か、またどのような場面かによって身につけ方が変わって来ます。
また、急な冠婚葬祭に迷わず、焦らず対処するためにも、マナーを心得ておくべきでしょう。
頼られる存在になるためにも、恥をかかないためにも、着こなし方をマスターしましょう。

かっこいい大人となれ。
posted by fa20158 at 03:13| Comment(50) | TOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。