礼服について紹介しております。

2008年06月26日

喪服の選び方

喪服の選び方

正式喪服

喪主や遺族の方々は、通夜の席〜葬儀・告別式まで喪服を着用するのが、昔からの習慣です。
その中で、弔事の装いとして最も正式なものが和装の黒喪服です。
地方や宗教によって習慣が違うこともありますが、男性は黒紋付きの羽織袴、女性は黒無地の五つ紋付き(両胸・両そで・背中に染め抜き紋が入ったもの)が正式喪服です。

略式喪服

一般的に略式喪服とされるのは、黒のほかに濃紺やグレーなどの地味目な色を使ったスーツやワンピースです。
略式といっても、光沢のあるものや透ける素材・柄ものは避け、飾りのないシンプルなものを選ぶのが無難でしょう。
スカートが苦手という人はパンツスーツでもOKです。
また、同系色で組み合わせるなら、ブラウス+スカートやパンツといった単品のコーディネートでも略式喪服として通用します。
もしベルトを使用する場合も同様に、バックルも当然シンプルで目立たないものにしましょう。
靴やストッキングは正式喪服の場合と同じで黒で統一するのが無難でしょう。
posted by fa20158 at 01:51| Comment(0) | 喪服の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。